【店舗 賃貸】不動産屋の「得意分野」をチェックして、テナントに強い会社へ依頼を 

賃貸大家が意外と知らない不動産屋の得意分野

宅地建物取引業の営業免許をもっている不動産業者は、賃貸・売買に関係なくどんな取引も携わることができますが、お医者さんが内科や耳鼻科などそれぞれ専門分野で仕事をするように、不動産屋にも得意分野があるのです。

住宅系が得意な会社は、店舗物件の情報を集めていない

学生のときの部屋探しや、家族の部屋探しでお世話になった人も多いと思いますが不動産会社の多くは住宅を得意とする不動産会社です。

店舗も駅前やアクセスの良い場所、路面に面して目立っていて、お店の内装もカフェのような店が増えて入りやすい店構えになっています。

一般的に馴染みが深い不動産屋さんといえますが、このような街の不動産屋さんは店舗物件を集めてはいません。

「テナント賃貸」は専門的な知識と経験が必要

普通の不動産屋は企業との繋がりもないので、なかなか借り手をみつけることができない店舗を積極的には取扱いからです。

個人のお客様を中心に対応する住宅物件は、親切な対応や安心感が求められますが、法人や企業の経営者を対応する事業用賃貸は、それらに加えて建築法規関連や経営に関する知識、経済情勢を読む力も必要になります。

事業用物件を専門に扱う会社は駅前の目立つ場所には店舗をだしておらず、普通の会社のようにビルにオフィスを構えたり駅から離れた場所に事務所を置いており、注意して探さないと一般の方が出あうことはまずありません。

工場、倉庫などを専門にする業者

事業用賃貸の中でもロードサイド物件を専門にしていたり、工場や倉庫に力をいれていたりと会社によってさまざまな会社があります。

大家さん個人がここまで調べるのは不動産屋でもない限り難しいと思うので、少なくともテナント賃貸の取引に慣れているかを確認するのが無難です。

京都で不動産屋にテナントの相談をするなら、左京区の株式会社プライオリティへお任せください。賃貸仲介だけでなく、管理の経験も豊富ですので安心頂けます。

大手不動産屋ではなく、地元の不動産会社に情報が集まる理由

通常、テナントより解約をするときは3ヶ月前や6ヶ月前に解約予告がでて募集にかかります。

閉店情報が未公開になりやすい?特殊な業界事情

テナントからすると閉店がかなり前から公になることは、スタッフの在籍や売り上げに関わることがあるため嫌う傾向があります。

そこで次のテナントを早く決めたい大家さんは情報を伏せてテナントを探してもらうべく、地元の不動産者屋で、企業と繋がりのありそうなところへ募集を依頼するのです。

住宅賃貸に比べ、入居者を厳選する傾向

店舗は借りた企業によって、人気店にもなれば不振店にもなります。借主の属性によっても左右されるため、できるだけ良い企業に借りてもらいたいと考える大家さんは多いのです。

公開してしまうと、自分の希望にあわない場合でも断りにくい心配があるといいます。そこで信用のおける不動産屋に窓口をしてもらい、広く情報を公開せず十分な相談をしながら進めてもらいできるだけ自分の意向に沿った優良テナントを探します。

また、物件に大小の改造を行う店舗の契約は、入居者をある程度選ぶ必要がでてきます。

地域の条例やルールを把握するのは不動産会社でも簡単ではない

京都市でいえば、伝統的建造物群に関することだったり、景観条例など独自条例が多く地元不動産会社でないと知ることが難しいこともあります。

普段からその街に密着する不動産屋だと、大手不動産会社では目が行き届かないニュースや地域の最新情報を知っているので的確にアドバイスが可能になります。

京都市の不動産屋に、テナントの相談するなら左京区の株式会社プライオリティへ

京都市の不動産屋で、テナントが得意な会社をお探しなら飲食物件やお店など商業不動産を多数扱う株式会社プライオリティへお任せください。京都市内で飲食店や美容サロンなど商業物件の管理を多くしている地元の不動産会社です。募集から契約、入居管理までトータルにサポートいたします。店舗付住宅や、一戸数から安心の管理プランをご用意しています。

ご質問ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください

相談無料。翌営業日までに担当者よりお返事致します。