居抜物件がテナントから求められる理由は、以下のようなニーズがあります。

早くお店をOPENしたい!

通常、テナントの内装工事期間中は賃料も発生していることが多く、同時に売り上げが生まれていない状態です。
その間は支出はあっても収入がありませんから、できるだけお店を早くOPENしたいと考えます。
居抜物件は営業開始までの期間を短縮できるので、早くOPENすることができます。

初期投資を抑えたい!

居抜物件の内装を上手く活かすことで、テナントは必要最小限の投資で出店することが可能です。
お店の出店時には、広告費や物件の契約費用、オープンまでの空家賃、採用費など内装費以外にも出費が重なります。
お店が軌道に乗るまでのことを考えると抑えられる方がいいですよね。

商材、サービス、腕で勝負!

居抜物件は、テナントが内装にこだわりが無い場合にも人気があります。
商材やサービスに独創性があったり、例えば味自慢のラーメン店とかであれば店舗内装がそこまで影響しないからです。
厨房のレイアウトなどは別にして、最低限の手直しだけして開店し集客できる場合もあります。
また、店頭販売を主にしないようだと立地や店舗内装は比較的こだわらない方も多くいらっしゃいます。

浮いたキャッシュを積極活用したい!

初期投資を抑えられるということは、例えば内装のグレードアップや広告展開などに積極的に活用できることになります。
50万円を抑えることができたら、その分を設備の増強ができたり販促費にまわしたり。
オープンしたら勝手にお客様がくるわけではないので、戦略上有効な投資に活用できます。

このように、居抜物件は条件があえば貸すときに有利にはたらくことがあります。


居抜物件として貸す際に知っておきたい注意点

以前のテナントの評判を引きずることがある
退店理由は拡大移転などの良い退店ばかりではありませんね。
理由や状態・次のテナントさんの用途によりますが、居抜物件として募集することで前テナントの悪いイメージがついてしまうことがあります。


退店してからの経過年数
相当数経過してしまっていると、そもそも使えない設備や動かない設備があることも。これでは修理費用や撤去費用の負担が生じてしまいます。
また、古い店舗だと床下の配管異常など見えない不具合もあったりするのでいっそスケルトンにしてもらった方が良いケースもあります。


近隣需要とマッチしていない
単純に綺麗かどうかだけでなく、年数の経過や近隣の変化によっても出店ニーズはかわります。
OPEN後、見込んだ以上のお客さん需要があるときもあれば想定以下の需要しかなかったというときも。
その業態や業種で次やりたい人が見つかりにくい場合は、他業種での出店を視野に入れる方が良いときがあります。


譲渡費用の希望がでる
前テナントより譲渡費用の希望がある場合は、価格によりますが次の借り手が見つかりにくいというケースも。
この他、前テナントの退出がまだの際はリース品の有無や前テナントとの合意をどこまで行っているかも重要です。

京都市内の物件でしたら、株式会社プライオリティでは無料で相談に対応していますのでお気軽にご連絡ください。

経験や知識が無いと判断が難しいこともあるので、居抜物件として活用できそうかは地域事情に詳しい不動産屋に相談をおすすめいたします。

ご質問ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください

相談無料。翌営業日までに担当者よりお返事致します。