管理会社の管理スタイル

プライオリティは独立系の不動産管理会社(PM会社)になります

管理会社もその成り立ちからスタイルを分けて呼ばれていて、これにデベロッパー系、ビルメンテナンス系をいれて大きく3スタイルで分けられています

・独立系
・デベロッパー系
・ビルメンテナンス系


例えばハウスメーカーのグループや子会社が管理を請け負うケースは、デベロッパー系

親会社や関連会社をもたず、管理を専門とした会社を独立系管理会社と呼びます

今回はどちらが良い悪いという話ではありません

成り立ちが全く違っていることからこのように分けて呼ばれるのでしょう

一口に管理会社といっても、よく考えてみると様々

このように管理業の受託がどのような委託ルートであるかでわけることができます

独立系管理会社は、関連会社や親会社がありませんのでオーナーにとっても特別なしがらみがないことが一番の特徴といえるでしょう

純粋に働きぶりで評価されますので、その分賃貸経営目線はオーナーと近しい存在でなければ管理をご継続頂くことすら難しく合わないと思われればあっさりと関係を解消されることもあります

さらに独立系管理会社にも特色があります

管理専業型管理会社

プライオリティは賃貸管理業を主力事業と位置付けています
私どもは賃貸仲介業は業としておらず、仲介店も自社ではもっておりません
管理料を報酬とし賃貸管理を業とするため各仲介業者との結びつきが重要となってきます
このようなスタイルを独立系ー「管理専業型」の賃貸管理会社といいます

仲介型管理会社

一方で仲介から派生するように、管理を受託している不動産会社
自店で管理物件に客付したり駅前に仲介店舗を置いているスタイルを独立系ー「仲介型」の賃貸管理会社といいます

このように管理会社だけでも色々なスタイルにわけられています
現在管理委託しているのはどういったスタイルの管理会社でしょうか?



次回ではそれぞれのメリットなどをあわせてお伝えしたいと思います!