【京都市・テナント募集】不動産会社によって空き店舗の家賃査定が異なる理由

不動産会社によって空き店舗の家賃査定が異なる理由

空き店舗を賃貸するときは、複数の不動産会社に査定を依頼し、査定結果を比較してから依頼する不動産会社を決めるのが一般的です。早期の優良テナント成約を狙う上でも、不動産会社の選定は重要になってきます。しかし、複数の不動産会社に査定依頼した場合、同じ空き店舗でも不動産会社によって査定金額が異なることがあります。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。こちらでは、不動産会社によって査定金額が異なる理由についてご説明します。

不動産会社によって家賃査定が異なる理由1.不動産会社の専門分野

不動産会社と一口にいっても、土地の売買が得意な会社、不動産買取や建売が得意な会社、居住用賃貸に強い会社など専門性があります。カフェや居酒屋などの飲食店や物販店舗など商業物件に強い不動産会社は、全体の不動産会社の割合でみるとごく少数。さらに事業用物件、商業用物件を扱う業者においても得意分野(倉庫、工場、飲食店、物販、オフィス系等)や得意エリアが存在するため取引事例や知識に差がうまれてきます。そのため、担当者レベルによっても家賃査定金額が異なることがあります。日頃からテナント企業より出店依頼を受け仲介実績が豊富な不動産会社は、テナント顧客の豊富さから高い家賃査定に結びつくことができたり、事業系不動産他社と情報交換を密に行っているため取引事例・ニーズに詳しく、より“的確な家賃査定“”が可能といえます。

不動産会社によって家賃査定が異なる理由2.物件特性の見極め

物件だけではなく、貸主がどのようなテナントを希望しているか、希望調査、ヒアリング能力も家賃査定が異なる理由となります。貸主は業種、企業規模の希望の有無以外に、急いで決めたい、多少時期や条件は融通するから優良テナントに入居してほしいなど、それぞれ意向があります。不動産会社はそれらを加味して、募集方法、募集条件を設定します。物件がもつ特性(立地ニーズ・物件ニーズ・貸主意向)を考えた上で募集する家賃査定金額を出すため、結果家賃査定金額に影響が生じます。

京都市内、空き店舗のリーシング、テナント募集は地域事情に詳しい株式会社プライオリティへご相談ください。

株式会社プライオリティでは、左京区を含む京都市内にある空き店舗のリーシング、テナント募集のご依頼を心よりお待ちしております。
空き店舗をご所有の物件オーナー様は、京都市の地域事情に詳しい当社までぜひご相談ください。
物件無料相談では、家賃査定の他、テナント管理相談、契約に関するご相談、募集に関することなど何でもお受付しております!