東山清水茶わん坂のエリア情報

茶わん坂 京都の観光地情報

京都市内は歴史都市だけあってたくさんの観光名所が存在します
今回は東山区の茶わん坂という清水寺近くの坂道をご紹介します
他府県からテナントをお探しの方やショップ出店候補地を吟味中の人へ軽くお役にたてれば幸いです


茶わん坂の基本情報

茶わん坂とは

清水寺は世界遺産にも登録されていますが
そのおかげで周辺は観光客や観光バスで渋滞になることもよくあります

大人気の観光地です

茶わん坂/茶碗坂は、京都市内の清水寺へ上がる坂道の一つ
清水坂からすると裏通りのような通りになっていて茶わん坂は清水新道ともいいます

東山区の五条坂・茶わん坂は焼き物の歴史が有名で
「京焼・清水焼」発祥の地として以前は窯元が軒を連ねて存在していました

今でも陶芸家や陶器店が多くみられます
なんでも焼き物の歴史をたどると8世紀からの話になるようです

観光客向けのショップも多く、最近の観光ニーズの高まりからゲストハウスも点在しています
ギャラリーや藍染工房などもあってアートな性質もあわせもちます

茶わん坂は五条坂より分岐する形で東へ伸びて、全長約400m
陶器店や小売店、ショップが並ぶゆったりとした坂道
清水坂(松原通)を通らずに清水へ到着できるルートになっています

茶わん坂周辺ガイドはこちらをクリック

人通り

赤>ピンク>薄ピンクで表しています
清水寺へのルートは
松原通(清水道)からのルート、二年坂からのルートと五条坂からのルートにわかれます

二寧坂から三年坂を通って清水へ合流する通りは特に人が多くなっていて、合流地点である清水坂は大混雑しています 茶わん坂は清水坂を経由しない道で一番落ち着いていた感がありましたが人通りが増えています 五条坂は車が通れる広い道になっていて大型観光バスが出入りしています 松原通は清水から西へ向かって一方通行になっていて 人通りもありますが他ルートに比べるとショップが少なく、車で混雑することがしばしばです

陶器祭り

五条坂・茶わん坂は全国から焼き物ファンがくる場所です
毎年8月夏には3日間、9時~22時まで近くで全国最大規模の陶器祭りが開催されます
場所は坂道を下った東大路通から西側
陶器祭りでは約400店が出店し全国の焼き物ファンが集まり京の夏の風物詩となっています


京都・五条坂陶器まつり より

実際に茶わん坂を歩いてみた

手前より左側に伸びるのが五条坂で、右側が伸びているのが茶わん坂
分岐路地点には茶わん坂の石碑がたっていて
「右 清水ちかみち」と書かれています


この「ちかみち」の石碑ができて以降茶わん坂で清水寺へいく人が多くなってるとききました

以前は左に進む方が多かったんですけどね
見てても茶わん坂へ進む人が多い
ちかみちしたい人間の性か
五条坂は車通りが多いのでゆっくり歩けるほうへ向かうのか
五条坂と清水分岐点にある簡易マップ

昔から参道周辺として住宅があったのでしょうけど
今も通りや少し裏には普通に住宅があります

茶わん坂のショップや飲食店

茶わん坂にはどんなお店があるのか?みてきました

京焼作家の器で京都の酒肴が味わえる利き酒処

「利き酒処336」 茶わん坂へ歩いてすぐに目に入るのが京町屋をリノベーションしたオシャレなお店 
336は三叉路にあることから名づけられたそうです
茶わん坂の作家さんの器を一緒に楽しむことができるお店
お酒が飲めない人にはコーヒーなどもあるので観光の合間にすっと立ち寄れます

ソフトクリームや団子など 甘味処

観光地のオアシス的な役割ですね
アイスやみたらし団子、わらびもちもこれからいいですね
ドリンク類などを販売されてるお店

この他に雑貨メインで店頭でソフトクリームやドリンクだけ販売してるお店もみかけます

Tシャツショップ

手描きTシャツなど販売されてるみたいですね
漢字Tシャツや忍者など

ドラッグストア

以前はコンビニだった場所ですが現在はドラッグストアになってます

町屋の宿泊施設

町屋1棟貸の宿泊施設 定員は5名ほど
ほかにもこういった宿泊施設ができてきて点在してます

抹茶体験もできるカフェ

1階はお土産や雑貨を販売されていて上がカフェになっています


レンタル着物店

この数年でとても増えたレンタル着物のお店ですが
最近はやはり競争が激しくなってきています

日本各地の伝統工芸の器専門店

清水焼をはじめ、有田焼や七宝焼きなどさまざまな伝統工芸の器をそろえてます

和傘を現代風にアレンジしたデザイン傘専門店

キャラクターとコラボしたりと、和傘を現代風にアレンジしたかっこいい和傘もかわいい和傘もあるお店

あさひ坂

・音羽茶寮

・朝日陶庵

・陶芸体験

あさひ坂といって清水坂へと通じています
工房や茶寮、ショップがありそれはまた「あさひ坂を歩いてみた」編で

この他にも茶わん坂から清水坂へ抜ける通りがあります

クラフトギャラリー

デザインから染色、縫製に至るまでオリジナル
創作陶器や吹きガラスなどのクラフトギャラリー

陶器店


焼き物の町です
他にもたくさんありました

つげ櫛かんざしの専門店




最後は清水寺仁王門へ


次回もまたどこかを歩いてみたいと思います!