不動産会社プライオリティの“3つの強み”

京都市でテナント仲介、管理をする株式会社プライオリティの“3つの強み”

1.京都市に密着した「不動産管理実績」×「事業用物件ノウハウ」

事業用物件の専門知識をもった専任担当者が、経営代行目線で適切に情報流通、契約交渉をするのでご安心頂けます。当社は、京都市の地域事情に精通し物件別に戦略を立案することが得意。テナント入居後のフォローもセットでご提案します。事業用物件の不動産管理、仲介実績豊富な当社なので“賃貸経営目線”で適切にテナントへアプローチすることができます。

2.飲食物件・飲食テナントに特化し“情報鮮度”を高く維持

商業系テナント・収益物件を全般業務にする中でも、飲食向き不動産・飲食店顧客を強力バックアップ。大手チェーン・地域複数展開企業・個人開業案件、狭小物件からショッピングモール・店舗付き住宅まで幅の広い顧客層で運営しています。京都市を専門に活動するから知る地域の「実は」を交えた話や、異なる得意分野をもつ同業他社と情報交換しているので、商業系全般で一般に出回らない情報も保有しています。

3.独自の「商業系ネットワーク」

既存管理テナントからの増店要望や、ご紹介、関係協力会社による独自のローカルテナントネットワークを構築しています。弊社が窓口募集する物件や管理物件では大家さんの不利益をうみにくい二社仲介を日頃より基本姿勢として、テナント顧客をもった専門同業他社間と取引も盛んに行っているから、「ツボを抑えたご提案」が可能です。

プライオリティは不動産の「かかりつけ医」を目指します。

主活動にしている京都市内の不動産管理業では、賃貸大家さんからのオーダーは当たり前にあります。テナント物件へのこだわり、不安や空室を解消することはもちろん、隠れたオーダーや、見えないサインに対しての提案を含めた期待。これらに応えることはごく日常で当然のことと考えています。