テナントが埋まらない


「空室が埋まらない」
「テナントが決まらない」

 テナントが出店に至るには立地やニーズ、物件特性、タイミングなど様々な要因があります

募集方法は適切ですか?

テナントが埋まらないと諦める前に
長期空室の原因として、募集方法が適切でない場合も考えられます
 賃貸需要が無い、埋まらないテナント物件と諦める前に 募集条件が適正か、募集方法を見直してみましょう

適切な客付け業者への営業

客付会社とは、お客様に紹介や案内をしてくれる立場の不動産会社
つまり借主側より依頼をもらって、仲介を担当する仲介会社のことをいいます
大家さんが直接に客付会社へ営業する方法もありますが、継続的に、「適切な業者」に営業することが大切です

条件や業種の見直し

決まらないテナントといっても、案内が入っているのか、問合せがないのか
状況はそれぞれ
立地や物件がよくても条件があわなければ出店することはできません
まず実態やニーズに見合った家賃設定か確認しましょう

待つだけでは進展しません

看板をだして、ただテナントを待っていても決まるものではありません
長期空室の原因の多くは、テナントのニーズや背景からサインを見落としていることにあります
その上で、上手に企業担当者や仲介担当者と交渉することが大切ですテナントのプロへ相談しましょう

一番の近道はプロへ相談すること


個人の大家さんが上記を判断しようとしても、経験が少なければ大変難しいことです
普段からテナントの出店に携わる我々は、テナントさんのニーズに精通しています

テナントが埋まらないと諦める前に、プライオリティまでご相談ください