居抜、居抜物件って何?

店舗の居抜物件とは、前に入居していたテナントや自営業者が利用していた内装、設備、什器等が一部、又は全部ついたままになっている物件のことをいいます。

店舗の契約であれば、通常借主は自らが搬入・設置したものを全て撤去し、物件を何も無い状態に戻して大家さんに返却しなければなりません。

そこで大家さんが撤去しなくていいよーと承諾することで、テナントは内装や設備を残したまま次テナントに引き渡すことが可能です。

このように店舗を借りていたテナントが一部、又は全部を残していった状態の物件を「居抜物件」「居抜渡し」などと呼びます。




居抜物件として店舗を貸し出すメリット・デメリット

テナント側の目線で居抜物件を見たとき、居抜で貸すと大きく2つのメリットがテナントにあります。

ひとつは、初期投資額を抑えて出店できることでしょう。

例えば業務用空調、トイレなどの水周り設備、飲食店でいえばダクトやグリストラップなどの造作内装工事は特に費用がかかってしまいます。

これらが元々備わっているだけで随分と工事費を圧縮できることにつながります。

もうひとつは、居抜物件は追加工事が少なく済めば済むほど、工事期間の短縮にもなりますから早く準備期間を終えてお店をOPENすることができます。

居抜物件を貸すときも、テナント側が流用できる設備や造作が多ければ魅力的な物件として映ります。

一方で店舗を居抜で貸すとデメリットになることもあります。

飲食店跡に飲食店以外の出店希望者があらわれた場合、次のテナントは不要な造作の撤去費用や解体費用を支出しなければなりません。

これは大変無駄な出費であると同時に工事期間も無駄にかかってしまいます。

同業種でも居抜物件の場合ある程度店内のレイアウトが決まっているため、イメージ通りの内装をしにくいといった点もあげられます。

また、引き継いだ設備の中には実際には古くて使えないといったこともありますので、居抜状態や以前の状態によっては同業種に敬遠されてしまうことがあります。

居抜物件と違い、内装や設備、什器備品など何も店舗に残っていないことを「スケルトン」といったり、そのような状態で次のテナントに貸すことを「スケルトン貸し」と呼んだりします。

スケルトンは当然、開業するテナントからすると初期投資額が大きくなり工事期間も長くなってしまいます。

しかし自由にレイアウトがイメージしやすく、物件状態によって業種的な出店を抑制されることも少ないことが特徴です。

したがって、間口を広げて店舗を募集したいときはスケルトンに戻すことが良かったりもします。

京都市の居抜物件は左京区の株式会社プライオリティへお任せください。

物件状態から適切な募集方法を提案いたしますので、居抜物件の募集ご相談は株式会社プライオリティへお任せください。これから閉店する予定の店舗や、什器備品が残っている状態の物件も対応いたします。




居抜物件として上手に活用することで、出店者も閉店者も、「大家さんも」得をする。

店舗を所有する賃貸大家さんと話をしていると、意外と居抜物件というだけでネガティブに考える方が多いことに気づきます。

その理由として、居抜物件という言葉は最近でこそよく使われますが、一時代前ではまだ内装や什器備品を残置して次のテナントに譲渡するという考え自体少なく、保証金を潤沢に預かりスケルトン貸しでスケルトン戻しが当然で当たり前の時代。

このとき、居抜物件となった物件の多くは「夜逃げ」や「倒産」という形が多く、対応に苦労した話や家賃未払いなど負のイメージがついて回ることもあったとききます。

それをきくと「居抜物件」や「内装譲渡」ときいただけで、「ややこしそう」「よくわからないけど、嫌だ」と考える大家さんが多いのもうなずけます。

しかし、それらのほとんどはスケルトンの方が次のテナントが決まりやすいと思い込んでいる大家さんが多いことと、アドバイスをする不動産屋も店舗流通に詳しい会社が少ないためよくわからないからスケルトンを推奨するという構図があります。

居抜物件として上手に活用できるか見極めることが大切なのは言うまでもありませんが、業者目線の感想として居抜物件だったら、良いテナントをすぐに成約できたのに・・と思うことは少なくありません。

居抜物件はプロに相談を

居抜物件は正しく上手に活用できるなら出店者、閉店者、大家さんも得をすることができます。

空室期間ができないことは賃料収入が途絶えず、建物への工事も減ることから建物の老朽化予防にも一役買い、歓迎する大家さんも多いのです。

「よくわからない」だけで機会損失は、勿体ない!店舗仲介は専門知識や経験が必要になるため、得意とするのは不動産業者の中でも少数です。地域事情に詳しい不動産会社へ依頼しましょう。

京都市内で飲食店や美容サロンなど、居抜で店舗の貸出を検討中の大家さんは、ぜひプライオリティまでご連絡ください。

左京区にある株式会社プライオリティでは、閉店前の店舗や什器備品など残った店舗でも取り扱いに対応しています。京都市で開業物件を探すテナントは多く、不動産を居抜物件として活用することで早く、高く賃料収入を得ることができます。

ご質問ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください

相談無料。翌営業日までに担当者よりお返事致します。