京都市で事業用賃貸、商業用物件、テナント店舗の管理をする不動産会社プライオリティによくあるご質問

京都市の貸店舗オーナー様から株式会社プライオリティに無料相談でよく頂く質問集です。

管理会社にテナント募集や物件管理を任せるメリットって?

管理会社は募集客付け、仲介業者との折衝、入居テナントとの折衝や交渉、退去までを所有者に代わり対応してくれます。お近くにお住まいであっても、貸主と借主の関係は利害が対立しやすく、ワンクッションいれて話をすることは大家さんにとって大きな安心を生むというのが大きなメリットでしょう。管理を業として行っている会社は、経験や知識を蓄積しています。信頼できる会社を見つけることができれば、如何なく能力を発揮し大家さんの心強い味方となり資産管理に対する手離れも大変よくなります。

事業用物件の管理会社選びはどうすれば良いですか?

テナント店舗の管理会社選びは、事業用物件の賃貸事情に詳しく、大家さんの相談に親身になってくれる会社を選びましょう。事業用物件の管理は担当者個人の力量に大きく影響をうけます。会社の規模によらず、自分と波長が合い、色々なことを相談できる良い担当者をみつけましょう。また、管理会社を選ぶときは自社にどれくらいお客さんがいるかより、仲介会社への情報提供含め自社利益の目線ではなく、大家さんの利益を優先して仕事をする会社選びが重要になります。

PM、BMってなんですか?

PMはプロパティマネジメント、BMはビルマネジメントの略語です。PMは対象不動産の資産価値を高めるための不動産の運営管理を行う業務で、テナントの募集、契約、賃料の回収、報告などを行います。BMは対象ビルの現場業務全般のことを指します。設備の管理、工事管理、清掃、保守、点検、警備業務などがあたります。BM会社はPM会社より委託を受けることもあります。BM会社についても検討中であればPM会社にきいてみると良いと思います。

借りたいと申し出がありましたが何からすれば良いですか?

申込意思の確認として、口頭では行き違いが生じるので申込書を提出してもらいましょう。会社案内なども準備があれば一緒に提出してもらうと良いと思います。申込段階では、借主の予定名義人の確認や、現在の売り上げなど、希望条件などの確認を進めていきます。申込は、契約の手前の段階といえますが契約を進めるかどうかこの段階である程度判断することになります。その他大家さんや物件によって違いがありますが、質疑や希望提出書類などがあれば借主に提出をお願いしてもよいと思います。また、連帯保証人予定者の有無等も確認しましょう。

契約時の借主必要書類はどうすれば良いですか?

一般的に契約書の他に提出してもらうものとして、印鑑証明、会社謄本、所得証明になります。借家人賠償責任付の保険加入証明、工事図面なども貰っておくと良いと思います。また、店舗責任者の配置などが決定済みであれば一緒にきいておくと良いです。直接契約するということも少ないと思いますが、手数料を払って仲介会社に間に入ってもらうのが無難です。

テナントから途中解約したいと連絡がありました。

契約書の条項に途中解約について条文が記載されていると思います。確認してみましょう。テナントに解約希望日の確認と、満たない日数があれば日数分の家賃を請求して構いません。また、原状回復についても認識を再度認識をすり合わせましょう。

家賃の減額交渉がありましたが、応じた方が良いのでしょうか?

すぐに次のテナントが見つかるような物件であれば、解約してもらい新規募集で問題ないと思います。そうでない場合や、ある程度歩み寄ってあげたいということでしたら可能な範囲で減額のご検討をされると良いと思います。この際、原契約とちがうことになるので、あとで行き違いがでないようにしっかりと合意文書を残しましょう。

定期借家契約期間の満了が近づいているので、募集に出して良いでしょうか?

例え、定期借家契約で契約していたとしても貸主から再契約しない旨の通知を出す必要があります。怠れば期間満了による解約を対抗できないことがあります。満了日の1年前から6ヶ月前には通知が必要になりますから注意しましょう。