長期間、空室になっているならプロに相談してみませんか?

店舗の空室が長引くことは、テナントビルのオーナーや店舗をもつ賃貸大家の皆様にとって大変頭の痛い問題。特に1階であれば、キャッシュフロー以外にもビル全体へのイメージにも関わってくることでしょう。

テナント店舗は、街や地域の移り変わりであったり業態ニーズの変化などによってそのときに応じたリーシング手法が大切です。

時代とともにニーズは変化し、また同様に立地特性も変化していっています。ずっと人気店であるお店も、繁盛が未来に渡り約束されているわけではありません。

以前まで退去が発生しても、すぐ決まっていた物件が中々埋まらないという悩みも多くうかがいます。店舗や事務所など事業用物件の難しいところは、賃料を下げればテナントが決まるという単純なものではないところであり、居住用との大きい違いです。

株式会社プライオリティは、お悩みをお持ちのオーナー様へ問題点を洗い出し、地域の特性や現在の状況などを加味してご提案を行っております。

テナント募集に関する空室対策、テナント仲介、賃貸経営でお困りであればぜひ京都市内の情勢に詳しい、地元の店舗仲介業者であるプライオリティへ以下のフォーマットよりご依頼ください。個別相談を無料で行っています。