店舗の空室が長引くことは、京都にあるテナントビルの賃貸オーナーや店舗物件の所有者の皆様にとって大変頭の痛い問題。それが1階や2階であれば、キャッシュフロー以外にもビル全体へのイメージにも関わってくることでしょう。

テナント店舗の最大の空室対策は、優良テナントに長期でご入居頂くことであることはご存知の通り。しかし時代とともに店舗ニーズは変化し、また同様に立地特性も変化していっています。ずっと人気店であるお店も、繁盛が未来に渡り約束されているわけではありません。

テナント店舗は街や地域の移り変わりであったり、業態ニーズの変化などによってそのときに応じたリーシング手法が大切です。

以前まで空室がでれば人気があってすぐ決まっていたテナント物件でも、中々埋まらないというお悩みのオーナーも多いのが現状ではないでしょうか。

店舗や事務所といった事業用テナントの難しいところは、居住用と違い賃料を下げればテナントが決まるという単純なものではありません。

プライオリティでは、そういったお悩みをお持ちのオーナー様へ問題点を洗い出し、地域の特性や現在の状況などを加味してご提案を行っております。

テナント募集に関する空室対策、テナント仲介、賃貸経営でお困りであればぜひ京都市内の情勢に詳しい、地元の店舗仲介業者であるプライオリティまで下記からお問合せください。