店舗内装工事のABCを解説

内装工事は3種類にわけることができます



A工事 B工事 C工事



飲食店開業や店舗オーナーになろうとする方は、知っておくと良いので理解しておきましょう


A工事B工事C工事


「ここはA工事、それはB工事、これもB工事、あとはC工事です。宜しく」


ふむふむ


ちょっとなにいってるかわからないですね


詳しく解説していきます



A工事とは

a工事とは貸主の指定業者によって、工事する工事です



費用負担も貸主が負担します




主に共用部分であったり、構造躯体なんかは一般的にそうです



建物の資産価値維持のために必要な工事ともいえます

B工事とは

b工事とは貸主の指定業者によって、行う工事



a工事との違いは費用負担者が借主となる点で、発注も借主がしますが業者は選べません



新規出店時に行う工事であれば、aではなくb工事とされることがほとんどでしょう



借主の都合(お店をやりたい)によって発生しているからという理由ですね



主に建物の資産価値に影響を及ぼしそうなことであったり、維持管理面の理由からb工事となります


インフラ関係であったり、オフィスビルだと空調の移設や増設などはこれになります


C工事とは

c工事とは借主の指定業者によって、行う工事



費用負担も借主となります



建物の資産価値に影響を与えないような、軽微な工事がcといえます



実務でひとつの現場で発生する工事はほぼc工事ですね

まとめ

実際の運用は、現場で細かく変わります


借主さんはb工事となるか、c工事なのか仲介会社を通じてよく確認するように致しましょう


b工事については、借主で複数の業者に値段を比較させるようなこともできませんので費用のコントロールが難しい


また、b工事については費用は借主がもちますが所有権は貸主になることも一般的です


その性質によって原状回復が必要かどうか、契約ごとに微妙に扱いが違うので、確認しましょうね



c工事の場合は自由に選べるので、値段を抑えることにもつながります



一方で工事業者が経験不足であったり、建物についてよくわかっていないことによって建物に損害を与えることもあります



できるだけ店舗の工事に慣れている工事業者にするなど



工事業者選びは慎重に行ってくださいね