テナント募集会社、募集企業の選び方【京都市 店舗仲介】

店舗が空いたら、その都度不動産会社を選んで募集をお願いするという大家さんのスタイルもございます

以前の担当者と波長があわなかったり、久しぶりに電話したら退職していたとか、以前の取引がスムーズではなかった、専門的に強いところに頼みたいなどの理由で募集会社選びをされているケースもありますよね

テナントの募集会社、募集企業選びをこだわりたい大家さんは読んでもらうと良いかもしれません



大きくは居住が得意な会社と事業用が得意な会社があるので、そこでちゃんと事業用が得意な会社にお願いすることですが、こだわりたい方にさらにちょっとだけ詳しいお話を

不動産業者の分野は大きくは居住用、事業用にわけられるのですが、さらにその先

普段どんな業種やジャンルに強いのかということまでわけることができます

店舗であれば店舗、事務所であれば事務所、工場や倉庫に強いところというように、実は事業用テナントだけでも得意分野というのは会社によって違いがあるんですね

さらに店舗でも、エリアに特化してやっているところや、スナックのお客様を中心に集客してそれだけメインにやっているところや、物販に強いところ、飲食店に強いところ、ロードサイド店舗のように大型店舗が得意なところというように力を入れている得意分野は業種だけでなく、規模やエリア、取引先属性帯とさまざまです

取引先の属性というのは、独立開業者の取引が多い、ナショナルチェーンとの取引が多いなど特色があるんですね

当社でいうと工場倉庫はほとんどやってません
ご紹介などで取り扱うときくらいです
店舗と事務所の割合でいっても、事務所のご依頼は店舗に比べて少ないですが実はそこそこやってます
ただどうしても店舗の方が多くなってしまうので普段から店舗情報収集に時間を割いていると思います

一般取引で複数の募集会社を選びたい場合


もし募集会社や募集企業を自分で目利きして複数選ぶ場合、上記のところまで深堀りして選びたいとなると仲介実績や人からの口コミとかでこのあたりを知ることができますが、これついては店舗を普段から取り扱う不動産屋でもないことを考えると、ここまで知るのはちょっと難しいかもしれませんね

大家さんの不動産がどのような層にニーズがあるかなどの感覚が、大家さん自身に必要になりますし、細かくいうと企業によってそれぞれにレシーズエージェントがついているケースもあります

※レシーズエージェントは、簡単にいうと企業側の立場にたって物件探しや交渉する専任営業マンのような先付仲介人です
 店舗展開していく上で、良い物件がでたら真っ先に情報を運んでくれたりテナント側の目線で大家さんと交渉をしてくれます
 取引をしていくうちに、1話せば8くらいわかるので楽なこともあり、新規業者と付き合いをせずいつもこの人に依頼するという感じになります

完全にこれはやらない、こればかりしていますというように不動産屋も決めてないですから、一見わかりにくいです
店舗を取り扱う業者さんはBtoBなので駅前にある必要性はそこまで無いことから、住宅地でひっそり事務所を構えているところも多く普段の生活からはあまり知る由が無いかもしれません

でもやはり普段の仕事の中心が何かで、集客している層や得意分野は変わるんですね

事業用というくくりで力を入れている不動産屋さんは、大家さんも気をつけてみているとわかる範囲なので、HPやお店のポップなど、そのあたりを入口にして担当者に知識がありそうかしゃべって決めていくのが良いでしょう

また、そのエリアに広告をよく打っていたり、店舗を構えているなど、エリアに強そうだなという視点でみてみるのも良いでしょう

専任で募集会社を選びたい場合

専任で募集を任せる場合は、他の業者には依頼できませんがそれだけ期待に応えようと頑張ってくれるメリットがあります

大家さんからすると窓口はここですと、決める状態になりますので営業活動もそこに集中することができます

専任で任せると窓口を一本化しているため担当者の資質によりよくも悪くも影響がありますが、良いパートナーを見つければ効果はいかんなく発揮されることでしょう

気を付けたいのは囲い込みをするような業者ですね
その不動産屋さんと大家さんの関係によりますが、手数料目的の囲い込みを希望する大家さんはいないですよね?

このあたりは大家さんの知り合いの大家さんとか伝いに、不動産業者の評判をきいてみたりその人を紹介してもらうのも良いでしょう
最低限事業用に明るい人でなければいけませんが、専任募集ではお客様をどれだけ直接持っているかよりも、自分の味方をしてくれそうな人物か、話をしていて相性の合う人、テナント業者との接点が多いかの方がより重要だと思います

自己利益ばかりを追求する担当者だと、知らず知らずに囲い込みにあっていることもございます

ご注意ください

おすすめの募集会社選びは

従来より色々なテナント仲介業者と接点をもつ大家さんであれば、一般型もメリットがありますので一般型
その分ある程度ご自身の目で判断できたり判断する知識や経験も必要になってきますから、不安な大家さんは専任募集として募集会社選びされる方が良いと思います

不動産業者同士のネットワークも大家さんから見ると魅力的だと思いますが、ご自身でこのネットワーク構築に自信がなければテナント仲介窓口を決めてしまうのが良いでしょう

特に立地や物件人気が薄いようだと、その他大勢の一つになるより親身にアドバイスしてくれるプロを近くに置くことが、望ましい対策といえます

また、その業者さんがテナント業者との接点が多ければ大家さんよりも他社の得手不得手状況を知っていることも期待できますので、情報を適切に流通することができますのでチャンスを取りこぼすことも少なくなるのではないでしょうか

以上、最後までお読み頂き有難うございました